​DAWN2021 講師紹介

​1日目

S__2580611.jpg

​内田和彦師

​前橋キリスト教会 牧師

1947年埼玉県生まれ。東京大学文学部、聖書神学舎を卒業して福音自由教会の牧師になる。1975年より1980年まで米国と英国に留学、新約聖書の研究でスコットランドのアバディーン大学より文学博士号を取得。

母校で牧師の養成に当たった後、2008年よりJECA前橋キリスト教会牧師に。新日本聖書刊行会・新約主任として新しい聖書『新改訳2017』発行に携わる。著書は「イエスの生涯」「『キリスト教は初めて』という人のための本」「神の国はあなたがたのもの」「聖書が教える『霊の戦い』」「キリストの神性と三位一体」等、訳書はJ. I. パッカー「伝道と神の主権」等。

みずえ夫人との間に一男二女、孫が四人。

​2日目

S__2580591.jpg

吉澤慎也師

KGK副総主事

1973年生まれ。両親がクリスチャンの家庭で育ち、中学2年生の時にパプテスマを受ける。幼稚園から高校まで千葉県船橋市で過ごす。中学生の時は部活でバレーボールに明け暮れ、高校生の時はバンドを組んでギターを弾きまくった。が、どっちもそんなに上手くならなかった(T T)。大学生の時は横浜国立大学聖書研究会「オリブ」でKGK(キリスト者学生会)に参加。心理学を専攻し将来はカウンセリングに関わる仕事をしたいと思いながらも、学生宣教の働きに召されKGK主事になる。大学生の時に、神様が本当にいるのかよく分からなくなり、クリスチャンをやめようか何度も悩んだものの、改めて自分の罪深さとイエス・キリストの十字架の愛の大きさに気付かされ、救いの喜びを回復させられる。誰にでも分かりやすい聖書のメッセージを心がけています。

男の子3人の5人家族

JECA宣教教会に出席

好きな食べ物はアイスクリーム。辛いものと漬物が苦手。

神学校:

日本ホーリネス教団 東京聖書学院基礎科 卒

東京基督神学校 共立研修コース 卒

宣教学修士(M.A. in Missiology)

3日目

funatogawa.jpg

船渡川貴師

札幌南福音キリスト教会牧師

1981年生まれ。イギリス、アメリカ、シンガポールと22年間海外で生活。アメリカで大学生の時に人生の目的、生きている意味、自分のアイデンティティが見いだせずにいたとき、イエス・キリストの十字架と出会い、救われ、西海岸の太平洋でバプテスマを受ける。帰国後に、公立の小中高でALTとして勤務しているとき献身の召しが与えられ、シンガポールで邦人への宣教を行いつつ、EAST神学校(東アジア神学校)で学ぶ。卒業後は、札幌南福音キリスト教会の牧師に就任し現在に至る。若い世代に神様の愛を届けていくことを願う、なんちゃって日本人。妻、鈴子と特別養子縁組したダウン症の長女の三人家族。趣味は、テレビ鑑賞、映画鑑賞、子どもと遊ぶこと。好きな食べ物は、ざるそば、Fish and Chips、嫌いな食べ物はネバネバ系。